数の子の美味しい食べ方
<上手な塩抜き方法>
【1】  水約1リットルに対して小さじ一杯(約4.5グラム)の食塩を入れて溶かし、
    300グラムから400グラムの数の子をよく浸します。
【2】 2時間ごとに3回から5回、同じ割合の食塩水を作って取り替えます。時々口に含んで塩加減をみてください。
    塩分を抜きすぎると数の子が苦くなってしまいますので、抜き過ぎたときは薄い食塩水に1~2時間浸して下さい。
【3】 塩分をほどよく抜き終わりましたら、数の子の表面の薄い膜を丁寧に取り除いてからお召し上がり下さい。
<上手な保存のコツ>
 買ってきた塩数の子を保存するときには、凍結させないような配慮が必要です。
 市販の塩数の子は、マイナス15度Cより低い温度に置いておくと凍結しまう恐れがあります。
 一度凍結されてしまうと、包んでいた膜が破れてしまって復元しなくなり、
 あのポリポリとした独特の歯ごたえが失われてしまいます。
 また、いったん塩抜きした後の数の子は家庭用の冷蔵庫のフリーザーでも簡単に凍結してしまいますので、
 冷蔵室に入れ、なるべく早く食べるようにして下さい。
<数の子の基本的調理法>
【1】  塩抜きした数の子を、少し深めの密閉容器に入れ、一度煮たせてから冷ました漬け汁を容器に注ぎます。
【2】 冷蔵庫で保存したあと、2日程度たちますとほどよく漬け汁が浸透して美味しくなります。
【3】 お召し上がりの際は、一口大に切って、かつお節の糸けずりを少々振りかけて下さい。
だし汁…2カップ 薄口醤油…大さじ3杯 酒…大さじ3杯 塩…小さじ1/3杯
板長
料理長からワンポイント
* 数の子料理の決め手は上手な塩抜きから。塩分を抜き過ぎないようにご注意下さい。
Yahoo! JAPAN